アシナガバチが侵入してきた時の備え~蜂の正確を知ろう~

室内にアシナガバチが浸入してきた時の危険性

ハチのイラスト

室内に侵入してきたアシナガバチは、大きさや羽音、見た目からして恐怖を感じます。ほとんどの人が悲鳴をあげたり、パニックになってハチを追い払ったりしてしまいがちですが、危険性についてはどんなものなのでしょうか。

アシナガバチの性格

アシナガバチが室内に侵入してきて怖い!と感じる人が多いですが、その前にアシナガバチの性格を知っておくと少し落ち着いていられると思います。実は、アシナガバチはハチの中でも大人しい性格と言われています。巣に近づいていたずらをしたりしなければ基本的には刺さないともいいます。さらにアシナガバチは益虫とも言われているくらいなのです。アシナガバチは毛虫を駆除してくれる役割も持っているので、畑の作物などに来る毛虫に困っている時には、アシナガバチが助っ人となってくれます。それから、攻撃性が高いのは働きバチだと言われており、季節としては7月~8月に被害が出やすいです。アシナガバチの暮らしなどの知識も得ておくと安心してアシナガバチ駆除ができるでしょう。

大人しい性格でも油断は禁物!

自分で無理ならアシナガバチ駆除はプロに任せよう(アシナガバチ駆除業者)

アシナガバチは基本的には大人しい性格のハチです。しかし、室内に侵入してきた際に追い出そうとして刺激をすることによって攻撃を受けることがあります。そこで、いくら大人しい性格のハチであっても油断は禁物です。アシナガバチを手や棒で追い払おうとしたり、刺激をすると攻撃したりしてきます。また室内でハチから逃げるために数人で集まって動き回っている木にも、これに反応して刺す場合があります。そして、アシナガバチがじっとせずにずっと飛び回っている場合は警戒している証拠です。そのため、この時に刺激を与えるのもやめましょう。ハチ駆除業者が着くまではアシナガバチを刺激せずにそっと静かに室内で行動することが大切です。また、ハチの習性や特徴も押さえて室内での動きに注意しましょう。

TOPボタン