アシナガバチ駆除のプロが語る応急処置の基本

もしも刺されてしまったら?アシナガバチ駆除業者が伝授する応急処置

室内に侵入してきたアシナガバチを追い出そうとしている時に、にうっかり刺されてしまったら、応急処置の仕方も学んでおいて実践しましょう。大人しいハチと言われていますが、100%刺さないとは言えないので応急処置も知っておくべきです。こちらではアシナガバチ駆除業者から応急処置の方法をお教えします。

応急処置の流れ~室内編~

まずは室内から出ましょう

アシナガバチに室内で刺されてしまったら、まずは外に出ましょう。アシナガバチがいる部屋から出て、応急処置に移ります。さらなる被害を防ぐためにも、安全な場所に逃げることが第一となります。同じ室内にとどまっていると、さらなる被害に遭うかもしれません。今以上の被害を出さないためにも一旦アシナガバチがいる室内からは避難しましょう。

患部から蜂針を取り毒を洗い流しましょう

室内でアシナガバチに刺された場合に、安全な場所に移動したら、次に家の中にあるであろう毛抜きやピンセットを用意しましょう。これを使って刺された部分の毒を抜いていきます。今回はアシナガバチに刺された際の応急処置について話しています。しかし、もしミツバチに刺された時には針が残ったままになっているので、これを抜き取って処置を行ないます。この時に、針の部分をそっと引っ張って抜くようにすると、無事に針は抜けます。しかし、患部にはまだ毒がわずかでも残っていると思うのでピンセットや毛抜きだけでは終了しません。

塗り薬を塗って病院へ

針を抜き取ったら室内にあるであろう虫刺され用の薬を持ってきます。ハチの毒を和らげる専用の薬でなくても、虫刺され用の薬でも効果が現れます。薬を塗った後にまだ痛むようだったら患部を冷やしておくと痛みが少しは和らぐでしょう。ここまで処置が完了したら、病院に行きましょう。そのあと痛みが引いたからといってそのまま放置するのではなく、病院で医師にきちんと診てもらいましょう。ここまで説明したのはあくまで応急処置なので、最後は病院に行くようにしましょう。

攻撃性のアシナガバチだがその毒性はスズメバチ級

ハチ

攻撃性が低いと言われているアシナガバチですが、刺された場合の毒性はスズメバチ級とも言われるので刺されないにするのが一番です。アシナガバチの毒針から出てくる毒液は酵素毒を中心にその他にも複数の毒が含まれています。これらの毒によって刺されると大きく腫れることもあり、痛みも強くなったりアレルギー症状が起こったりすることもあります。最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こすので、アシナガバチといえ油断はできません。応急処置が済んだらできるだけ早く病院に行きましょう。

TOPボタン